Event is FINISHED

森波2015

Description

開場10:00 開演11:00 終演21:00

【イベント概要】
能舞台で行われる音楽イベントです。
演者の方々を見てください。我々はこういう音楽が大好きなのです。ウソはつけません。そしてこうした音楽から派生する文化を信じています。ぜひ一緒に遊んでください!

【注意事項】
・雨天決行です。
・駐車場は無料です。
・出演アーティストは変更になる場合があります。
・飲食物の持ち込みはお断りします。

※高校生以下入場無料!!


【出演アーティスト】
・cro-magnon feat.有坂美香
・Nabowa
・Leyona & 沼澤尚 Duo
・OMA'N'SEI (鈴木勲 & DJ KENSEI)
・Keyco (Acoustic Set)
・ズクナシ
・ギリギリBOYZ
・TOKIO AOYAMA

【プロフィール】

cro-magnon feat.有坂美香
1996年、米国ボストンにて、Dr&Per:大竹重寿、G&B:コスガツヨシ、Key:金子巧が出会いジャムを始める。99年帰国後、Loop Junktionを結成。1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースし2004年惜しまれつつも活動停止。同年、進化した三人が原点に立ち返り、cro-magnonとして活動開始。ジャンルを軽く超越したgrooveでトリオの可能性を追求中。ステージの大小を問わず必ずオーディエンスを踊らせる。韓国や東南アジアでも人気爆発。2009年には2度目のヨーロッパツアーを成功させ、同年8月5日に通算4 枚目のフルアルバムをリリース! 2010年12月はcro-magnon初となる全曲Vocalistとのコラボアルバム『joints』をリリース!! (参加アーティスト:土岐麻子、さかいゆう、七尾旅人、Roy Ayers、TWIGY、gagle、鎮座ドープネス、S.L.A.C.K. & PUNPEE、MC KAN、三宅洋平 、有坂美香 、Steve Spacek)。2011年、一度は解散するも、2012年1月28日APPI JAZZY SPORTにて再びステージに、同年4月には初のベストアルバム『THE BEST』をリリースし完全復活となった。さらに、同年7月には漫画「へうげもの」とのコラボ・アルバム『乙』をリリース。吉幾三をフィーチャリングした楽曲等で新境地を見せた。2013年には3度目のヨーロッパツアーを敢行し、その記録映像がTHE NORTH FACEの公式YOUTUBEチャンネルにアップされ話題に。そして昨年7月には5枚目のオリジナル・アルバム『V』がリリース!!

有坂美香
神奈川県鎌倉出身。幼い頃から歌とダンスに慣れ親しみ、ジャズ、ソウル、ゴスペル等に強い刺激を受け15歳で渡米。約10年滞在し本場仕込みのパフォーマンスを身につける。バークリー音楽大学より奨学金を受けパフォーマンス専科卒業。99年帰国後 Reggae Disco Rockers、Jazztronikのメインボーカルを務める他 2008年 ソロアルバム 'Aquantum' をリリース。その傍様々なアーティスト(鈴木雅之、久保田利伸他多数) のツアーやレコーディングに参加。人気アニメシリーズ『ガンダムSEED Destiny』のエンディングテーマ歌手に抜擢されオリコンデイリー1位の記録を残す。2010年"家族"がテーマの子供と大人が一緒に歌う100人大型バンド 有坂美香&The Sunshowersを結成、勢力的にライブ活動を行い、2013年 The Sunshowers ミニアルバム『Sunshower!!』をリリース。震災後は半年間かけ東北へ足を運びワークショップを開催。気仙沼にTOHOKU Sunshowersを結成、2013,14と2年に渡り楽天イーグルスの試合で国家斉唱を務める。また、音楽シーンを次世代に継承すべく、音楽専門学校メーザーハウスと昭和音大の非常勤講師やボイストレーナーの顔を持ち多数のアーティスト、タレントの歌唱指導にあたっている。現在はギタリスト 鳥山雄司率いる強豪ミュージシャンと共にMiKa Beyond Jazzにボーカリストとして参加、アルバム制作を控えている。



Nabowa
京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド、Nabowa(ナボワ)。現在までに4枚のアルバム、数枚のミニアルバム、シングル、アナログ盤をリリース。2010年5月、セカンド・アルバム『Nabowa』を発表、「FUJI ROCK FESTIVAL’10」に出演。2011年4月、シングル『SUN』を発表、夏には2年連続となる「FUJI ROCKFESTIVAL’11」に出演。2011年9月、数人のシンガーを迎えた非インストゥルメンタル・アルバム『DUO』を発表。2012年9月、サード・フルアルバム『Sen』を発表し、「朝霧JAM2012」にも出演。2013年1月、初となるライブアルバム『20120707』を発表。2014年は結成10周年イヤーとして、6月18日に2年振りとなるフォース・アルバム『4』、9月3日に10周年記念盤『Nabowa Meets Carlos Nino & Friends』を立て続けにリリース。「FUJI ROCK FESTIVAL ’14」をはじめ大型フェスへ多数出演。10月には初となる海外台湾公演も大成功をおさめた。



Leyona & 沼澤尚 Duo

沼澤尚(Drums)
1983年大学卒業と同時にLAの音楽学校P.I.T.に留学。JOE PORCARO, PALPH HUMPHREYらに師事し、卒業時に同校講師に迎えられる。2000年までLAに在住し、CHAKA KHAN, BOBBY WOMACK, SHIELA E.,NED DOHENYなどのツアー参加をはじめ、数々のアーティストと共演しながら13CATSとして活動。現在はシアターブルック,blues.the-butcher-590213,DEEP COVER,Koji Nakamura,OKI DUB AINU BAND等、様々なシーンで活動中。


Leyona
1999年に仲井戸“CHABO”麗市プロデュース作品「オレンジ」でデビュー以来、忌野清志郎やG.LOVEを始めとした多数の国内外アーティスト,ミュージシャンと深い交流を深めながら、そのOne&Onlyなヴォーカルによって独自でオリジナルの世界観を表現し続けている。


OMA'N'SEI (鈴木勲 & DJ KENSEI)
本のジャズを先導し、現在も精力的な活動を続けるレジェンドであるベースシスト鈴木勲と、日本のトップDJとして常にシーンの先を行くプレイを続けてきたDJ KENSEIによるスペシャル・ユニット。鈴木勲は、1950年代の米軍キャンプでのプレイ、1970年アート・ブレイキーに見出されての単身渡米、蒼々たるニューヨークのジャズメンと共演、交流を経て、現在に至るまで、ジャズベース/チェロ奏者及び作曲家として第一線で活躍している。リーダー・アルバムは50枚を超える。近年では、DJ MITSU THE BEATS、七尾旅人、K-BOMB、志人らと共演。ジャズの世界だけにとどまらない活動を続けている。DJ KENSEIは、DJの可能性を追求するDJとしてのレンジの広さもさることながらHIP HOP DJとして80年代後半から主に90年代にかけてその時代のFreshなSoundをリアルタイムでほんとに数多くのClubの現場でプレイしてきたDJ として知られ現在もあらゆる場所でその空気をコントロールするDJとして精力的に活動を続けている。そして同時にDJ視点の作品も様々な名義で数多くリリースしている。鈴木勲&DJ KENSEIは、2013年渋谷WWWでおこなわれた"Beacon In The City"での共演がきっかけとなってスタートした。2014年11月19日にそのライヴ録音盤『New Alchemy』が、ライター原雅明が始動する新レーベルringsよりリリースされる。



Keyco
‘99年アナログのみリリースされた「SPIRAL SQUALL」で話題となり、北海道のFM NORTH WAVE[STREET FLAVOR]でリクエストチャート6ヶ月間1位の記録を出す。また、結婚情報誌のテレビCM「パパパパーンの歌」で、彼女の歌声に問い合わせが殺到。その後メジャーデビューを果たす。ニュー・ソウルをベースにジャンルの垣根を越え活動中。各シーンの一線で活躍するアーティストたちから厚い支持を受け、多数の名コラボレーションを実現。日本の女性シンガー・シーンにおいて突出した個性を誇る。2002年に長女出産。2014年にはROOT SOUL、Mountain Mocha Kilimanjaro、そして自らがアレンジ&プロデュースした6枚目のアルバム「Sunny Day Soul」をリリース、また娘Mayca(ライブペイント)との共演もスタートさせている。



ズクナシ
唯一無二のジャパニーズウーマンソウルバンド。Black musicに共鳴し、躍動の60~70年代のエネルギーとサウンドをもつ。ギラギラ衣装でのステージは圧巻。リアルグルーヴで人の心を歌い踊り、会場中を笑いと熱狂の渦へ巻き込む。FUJI ROCKをはじめとする大型野外フェスから小さな町の祭りまで出演。毎年7月に主催するイベント"SOULBOOK"は年々規模が拡大している。東日本大震災直後の2011年3月、SXSWを含むアメリカ7都市10公演のツアーに参加し、溢れる思いを込めた日本語の歌は国境を越え、各地で感嘆と賞賛の嵐が巻き起こり大反響を呼んだ。2013年3枚目のアルバム”SING"を発売しリリース全国ツアーを敢行。渋谷QUATTROでのファイナルワンマンは満員の会場の中大盛況で幕を閉じた。2014年、キーボードが脱退し3人で新たなズクナシへと進みはじめる。加藤登紀子、大西ユカリをはじめとするアーティスト達との共演も深めながら、全国140本を超えるライブツアーに加え、ミニアルバム”SANNIN”をリリース。12月には初のメキシコツアーを敢行し、各地で予想を超える反響を得た。国内外問わず精力的にライブ活動を展開しながら、人との出会い、音との出会いを大切に繋げ、その輪を広げ続けている。



ギリギリBOYZ
クソったれな世の中をギリギリで駆け抜ける7人
「お元気ですか?」



TOKIO AOYAMA
イラスト、絵画、壁画、等で活動中。宇宙、神話、音楽、精神世界、自然などのエッセンスをミックスさせ、絵を表現している。海外でも壁画制作、展示もし、また国内外のアーティストにCDジャケットも描いている。日本ではappi jazzy sport, 森波wood vibrationなどの音楽イベント、クラブイベントでlive paintをしている。2002年にアメリカのシアトルに語学とgraphic designを勉強しに行くが、コンピュータでのgraphic designに興味が薄れ、2005年学校を中退し、南米コロンビアやジャマイカに5ヶ月間、絵の旅に行き、小中高の学校などで絵を描きボランティアなども開始。シアトルのクラブ、フェスティバル、レストランで絵を売りながら絵の世界を探求。2006年からはシアトルと日本を行き来するようになり、シアトルの小学校にボランティアとして壁画を描くなど、その他にもレストラン、クラブなどで壁画を描くようになる。2007年 G&D(Georgia Anne Muldrow & Dudley Perkins) album “The Message Uni Versa” cover artを担当する。2008年 東北を中心にLIVE PAINT を始め、APPI JAZZYSPORTなどにもエントリー。





Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-04-23 09:04:15
Sat Jun 20, 2015
10:00 AM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
伝統芸能伝承館 森舞台
Tickets
前売券 ¥5,000

On sale until Jun 19, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
宮城県登米市登米町寺池上町42 Japan
Organizer
森波実行委員会
66 Followers